大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀の医院開業、全国の医院継承コンサルティング

だんホームクリニック様

開業にいたるまでの道
DSC02082

 

 

 

 

 

 

それは去年の夏のことでした。
私は長年、訪問診療に携わってきましたが、
一度他のクリニックがどのように訪問診療を行い、
地域医療に貢献されているのかを知りたくて、
ある有名な訪問診療を専門としているクリニックに見学に行きました。
かなり衝撃をうけたことを覚えております。
自分もここまでではなくとも、訪問診療を極めてみたい、
自分が理想とするクリニックを作りたいと思うようになりました。

夏の終わりに、そのときに勤めていた法人の理事長に相談して、
独立開業させていただくこととなりました。
意気揚々と退職する段取りまで決めたにも関わらず、
開業に向けた具体的な計画は立てておりませんでした。

とりあえず、開業する地を見つけようと、
ネットで物件探しをしておりましたが、
どのような基準で選べばよいかもわからなかったので、
まずは開業セミナーに参加させてもらうことにしました。

何人かのコンサルタントに会った後、
物件を探しているところにオールメディカルのホームページにたどり着きました。
上尾さんや弓野さんがコンサルタントとして開業支援していることは実は知りませんでした。

初めて合ったのが大阪市内のホテルでしたが、初めてだったにも関わらず、
しかもコンサルタントを依頼するつもりなどなかったにも関わらず、
話がすごく盛り上がったことを今でも鮮明におぼえています。
今から考えると開業するに値する医師なのか、試されていたのかもしれませんが、
開業するに当たっての熱い思いを結構長い時間聞いていただいたように思います。

そして、オールメディカルが開業コンサルティングを行っている会社であることの説明をうけ、
まずは開業地(物件)を探すところまでお手伝いいただくこととなりました。

もちろん自分でもネットで検索したりして、物件を探しましたがやはり餅屋は餅屋、
上尾さんや弓野さんが、探してきくれる物件は魅力的でした。
ここなら間違いないのでは?と思う、待ちに待った物件がやってきました。
これで決定かも…。という私のはやる気持ちを抑えてくれましたね。
そして、3人でたくさんの物件を見に行きました。
最後の方ではさすがの私も見る目が養われ何度かミーティングを重ねたのち、
今の開業地に決定しました。

これで開業準備の大きなところが終わったなんて、
思っている場合ではなかったです。
ここからが本番でした。
やらなければならないことが山積みでした。
特に私は、普通の開業とは異なり、
クリニック開院と同時に訪問看護ステーションも開業したいと
途方もない希望をお二人にぶつけたのです。
結局、同時開業はしなかったのですが、
お二人にもさんざん同時開業はやめるように説得されましたが、
どうしてもしたかったのです。

お二人が私の強い意志を理解してくださり、
開業がさらにイバラの道になるのは承知で引き受けていただきました。
同時開業にはなりませんでしたが、
いつでも訪問看護ステーションが開業できるように道標を作ってくださったのです。

お二人の仕事量は通常のクリニック開業の倍あったのではないでしょうか?
開業は8月1日でしたが、3ヶ月前にも関わらず、
われわれ三人は週2,3回会っていたと思います。
上尾さんにも開業直前のように頻回にあっていますねと言われたものです。

その後も怒涛の日々が続きましたが、
やらないといけないことを的確に指示してもらいました。
われわれはLINEでもやり取りをしていましたが、
深夜になっても必要書類の作成や今後の予定などを作成し、
私の疑問や不安にも深夜でもすぐに答えてくれました。

お二人に会っていなければ途方にくれていたでしょうね。

ふと思ったことがありました。
オールメディカルは有料のコンサルティングの会社ですが、
支払った料金をお二人の働いていただいている時間で割ると時給は?
「割に合わない仕事ですね」と笑って言うと、
上尾さんも「割に合わないですね」と笑っておられました。

私が訪問診療に熱い思いを持っているのと、
同等もしくはそれ以上にコンサルティングの仕事に
熱意と誇りをもっておられるのだと再認識しました。

スタッフ面談も初めての経験でしたから、最初は戸惑いました。
面接にきてくれている人に自分の思いを伝えることに一生懸命となってしまい、
面接することを忘れてしまっていました。
そんなときにも弓野さんは、女性の目で観察していただきました。
実際、だんホームクリニックで働いてもらっているところを想像しながら、
面接いただいていたのでしょうね。
みんなで相談して決めたスタッフは、最高の人ばかりです。

まだまだ、たくさん感謝することがありますが、
時にはきびしく、時には優しく、
私のモチベーションが最高な状態で開業の日を迎えることができたのも
お二人のおかげだと思っております。

お二人は開業支援しているだけではないのです。
開業後に院長として、経営者として独り立ちしていけるように、
開業支援しながらわれわれ医師を教育してくれているのだと思います。

開業の日を迎えるまでの8ヶ月でしたが、こんなにも信頼できたのも、
私の開業への思いが真剣だったのと同様に、
お二人の開業支援への思いも真剣だったからだと思います。

お二人は最高のパートナーだと思います。

だんホームクリニック 大阪府堺市北区長曽根町1207-7

2017-07-30 15.30.11

お電話でのお問い合わせは下記より TEL 06-7878-8766 夜11時まで電話お問い合わせ受付中!(土日祝、夜間対応可能)

ブログ

患者さん用のトイレが詰まった!!

夜の20時ごろ、来年開業の先生と打合せをしていると、去年開業された先生から電話がかかってきました。 非常に焦っ …

illustrain10-toire01

【医院開業用語】「A工事、B工事、C工事」 とは

クリニック開業物件としてテナントを賃貸する場合、大抵はスケルトンの状態なので、 内装工事は借りる医師側で行うの …

内装工事

【医院開業用語】「スケルトン」 とは

ご存知の方も多いかと思いますが、今回は、「スケルトン」についてご説明します。 スケルトンとは、英語のskele …

2008122

「医院開業物件」探しに迷走していませんか?

『最高の医院開業地』を見つけるには、 まず先生にとってのベスト!!の判断基準を明確にしておくことが大切です。 …

screenCapture_1658136375_203464005_0

「郊外型」医院開業スタイルの変遷

クリニックの開業をお考えの先生方にとって、 「開業場所の検索」が大きな問題であることは、言うまでもありません。 …

publicdomainq-0005708jhx
  • facebook

お電話でのお問い合わせは下記より
TEL 06-7878-8766
営業時間:8:30~18:30(土日祝、夜間対応可能)
メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP

Copyright © オールメディカル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.