<クリニックのコンセプト作成と医院開業物件探索を無料でサポート>大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀の医院開業、全国の医院継承コンサルティング

K内科クリニック様

12月に大阪市で無事クリニックを開業することができました。
これから開業を考えておられる先生方に少しでも参考になればと考え、
開業に至るまでの経過をまとめてみました。
もともと開業については、あまり現実味のある話として考えていませんでした。
購入したマンションのローン返済のため自己資金に乏しく、
銀行から融資を受けるための担保となるようなものも無いため、
とても開業などできないとあきらめていたのです。
1年ほど前、管理職になり仕事の内容が大きく変わったことが一つのきっかけになりました。
臨床医療を行うだけでなく、病院経営に参画し、またスタッフを管理・指導する責任がでてきました。
しかし大きな病院の組織では自分の考えはほとんど反映されず、責任だけが重くのしかかってきます。
また研修医制度が改定され、研修医の指導・監督のため休日もほとんどとれない状態となり、
肉体的・精神的に今までにない疲れを感じるようになりました。
勤務医としての未来に不安を感じるようになっていた頃、偶然知人が何人か開業し、
その経験談を聞く機会がありました。
生き生きと自分の開業について語る知人達の顔を見ているうちに、
私の中でも開業の意識が徐々に芽生えていくのを感じました。
クリニックを開設して、自分が理想とする医療を実現したいと考えるようになったのです。
この頃から家族には開業についての希望を話すようになりました。
安定した勤務医を止め開業することは家族にとってとても不安なことです。
ある程度の抵抗は覚悟していましたが、
意外にも妻をはじめ家族からは開業に反対する意見はなく、
開業に向けて協力を申し出てくれたことはそれからも大きな心の支えになりました。
しかし開業準備が現実に始まるのには時間がかかりました。
経験のない私一人で物件探しなどの開業の準備をすることは不可能で、
コンサルタントの助けが必要でした。
しかし法外なコンサルタント料を請求されたり、
高価な医療機器を購入させてられたりという事例が私の周囲にも現実の話としてあり、
コンサルタント業者に相談することには大きな抵抗がありました。
そこでまず、コンサルト料を無料で開業の支援をしてくれる卸会社の方に相談することにしました。
すると医院開業むけの銀行の融資を利用すれば、
私の資産状態でも十分開業は可能であることがわかり、
開業が一気に現実のものとなりました。
さっそく担当の方に開業物件を探してもらうことにし、
1ヶ月後にある物件を紹介されました。
しかし送られてきた物件の住所が実際と異なっていたり、
診療圏調査の結果は不備が多く信頼できない内容でした。
このことについて説明を求めましたが、はっきりとした回答はなく、
さらにこの物件で話を進めようとする態度に不信感が急速に大きくなりました。
別のルートでも開業を模索する必要を感じ、インターネットで検索していたところ、
興味ある医療ビルの物件を掲載しているサイトをみつけました。
そこで問い合わせのメールを出したのが、
今回開業のコンサルティングをお願いしたオールメディカル株式会社でした。

nr070129evisj

 

 

 

 

 

さっそく現地の医療ビルで面談することになりました。
初めて会う医療コンサルタントに対して、
正直かなりの警戒心をもって臨んだのを覚えています。
少しでも怪しいところがあればきっぱりと断ろうと思っていました。
しかし当日現れたオールメディカル株式会社の担当者は、
わざとらしいお世辞は言わず、誠実な印象で、
その場で物件仲介料、コンサルタント料の詳細を明示されました。
警戒感は薄らぎ、その後打ち合わせを重ねる度に信頼感が大きくなっていきました。
自分の希望に非常に近い物件であり、
自分がここで開業しているイメージをはっきり持つことができたためこの物件に決定し、
オールメディカルの助けを借りながら開業に向けてのスタートを切ることになりました。

希望通りの物件がみつかり、本格的に開業の準備が始まりました。
6月中旬にはテナントビルのオーナーの方とも面談しました。
ビルのオーナーというのはどのような人なのか最初は不安もありましたが、
実際お会いしてみると、とてもおおらかで人情味のある方で安心しました。
オーナーの方との条件面での交渉もスムーズにまとまりました。
この場所で開業するとすでに決心はついていたので
一刻も早く勤務していた病院に退職の希望を報告したいと思いました。
しかし、オールメディカルの方からは、病院に正式に報告するのは、税理士の方に相談して、
銀行からの融資のめどがついてからの方が良いと引き止められました。
私としては早く回りに宣言してすっきりしてしまいたいという気持ちが強かったのですが、
私の担当者は、私のはやる気持ちを手綱をひいて押さえてくれているようでした。
早く病院に報告して、何が何でも開業せざるをえない状態になった方が
コンサルタント会社としては有利なのにと思われましたが、
この担当者はまじめに私の開業を成功させようとしてくれているとの信頼感が沸いてきました。

お金

 

 

 

 

 

 

税理士さんから無事銀行からの融資のめどがついたとの報告があり、
この時点で病院に開業の意思を報告しました。
幸運にも大学の医局から後任の医師のめどがすぐついたので、
10月いっぱいで退職することもスムーズに決まりました。
7月には正式にオーナーの方と契約を結ぶことができ、
ここから本格的に開業の準備が始まりました。
昼間は病院で通常通り勤務し、オールメディカルと開業の打ち合わせが繰り返し行われました。
クリニックの内装や医療機器の選定が主な打ち合わせ内容でした。
すべてがはじめての経験ですからついつい決定が先延ばしになってしまい、
予定がずれこみ、準備が整うのが開業間近になってしまったのが今から思う反省点です。
なるべく早く情報を集めて、内装や医療機器の選定を済ませ、
ぎりぎりではなく少し余裕を持って業者の方に準備してもらうことが、
開業直前にばたばたしないためにも重要と思われました。

私は税理士、内装業者、医療機器の卸業者などは
すべてオールメディカルが紹介してくれたところにお願いしました。
全て自分で各業者の見積もりをとって一番安いところにお願いする方が安くなるかもしれませんが、
別々に業者を選定するより全ての情報をオールメディカルに集めた方が、
勤務医の仕事も続いている時間的にも余裕がない私にとっては、
開業準備がスムーズに進むと考えたからです。
もちろんそれぞれの値段については先に開業された先輩の先生方を通じてできるだけ情報を集めました。

結局オールメディカルから紹介された業者から提出された見積もりは、
私が調べた相場を上回ることは無く、
特に医療機器については卸の担当者が値段交渉を頑張ってくれたおかげで、
当初自分で考えていたよりもかなり少ない予算で済ますことができました。

当初は医院開業の関連業者についてはかなり疑心暗鬼になっていました。
多くの悪徳業者についての情報がインターネットなどからみつけることができますし、
知人からも実際の話として聞かされてきました。
信頼でき、安心してまかしておける業者の方々に出会えたのは幸運だったのかもしれません。
私の開業をサポートしてくれた方々には自分の仕事に誇りを持っていることが強く感じられました。

10月に病院を退職した後、開業までの1 ヶ月間は予想していた以上に忙しいものでした。
看護師さんや受付医療事務の方の採用決定、医療機器の操作説明、各種書類の提出、近隣への挨拶回り、
電子カルテの準備など本当に開業までに準備できるのだろうかと思うほどでした。
特に細々とした備品については、開業の前日まで買い出しにいく日々がつづきました。
しかしすばらしいクリニックのスタッフに恵まれたおかげで無事予定通り開業を迎えることができました。
やはりクリニック開業というのは大変な仕事であり、
多くの方の力を借りないと成し遂げられないものだと感じました。
現在は開業間もなく、まだ患者数も少ないため、
開業前の1ヶ月間の忙しさが嘘のような日々を送っています。
開業準備の疲をとり、今後の方針をじっくり考える良い時間と考えています。
クリニックが早く軌道に乗るよう地道に頑張っていきたいと思っています。
(大阪市 K内科クリニック 院長)

お電話でのお問い合わせは下記より TEL 06-7878-8766 夜11時まで電話お問い合わせ受付中!(土日祝、夜間対応可能)

ブログ

医院開業資金がなくても開業できる!?

これから開業を考えていこうとする医師にとって、開業資金はまず気になる問題です。 開業される年代と言うのが、30 …

bank

【医院開業用語】「定期建物賃貸借契約」 とは

テナントや建て貸し(レントクリニック)で開業する場合、建物オーナーとの間で建物賃貸借契約を締結することになりま …

contractform-fig01

患者さん用のトイレが詰まった!!

夜の20時ごろ、来年開業の先生と打合せをしていると、去年開業された先生から電話がかかってきました。 非常に焦っ …

illustrain10-toire01

【医院開業用語】「A工事、B工事、C工事」 とは

クリニック開業物件としてテナントを賃貸する場合、大抵はスケルトンの状態なので、 内装工事は借りる医師側で行うの …

内装工事

【医院開業用語】「スケルトン」 とは

ご存知の方も多いかと思いますが、今回は、「スケルトン」についてご説明します。 スケルトンとは、英語のskele …

2008122
  • facebook

お電話でのお問い合わせは下記より
TEL 06-7878-8766
営業時間:8:30~18:30(土日祝、夜間対応可能)
メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP

Copyright © オールメディカル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.