<成功する為の【クリニックのコンセプト作成】と【医院開業物件探索】を無料でサポート>大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀の医院開業、全国の医院継承コンサルティング

スタッフ研修、トレーニング

一人ひとりが医院の顔です

昔も今も、診療所の一番のPR材料は「口コミ」です。
診療所では、多くの場合、限られた診療圏内の住民が患者層となるため、ひとりの患者が不快な思いをすれば、「口コミ」によって多くの患者が医院に悪いイメージを抱くことになります。接遇の良し悪しが経営に与える影響は、大病院とは比べ物になりません。
厳しい態度で直接教育することが難しい場合には、コンサルタントなどを活用しましょう。

また、使用する薬の知識や予防接種などの研修も必要ですが、製薬会社などが講師を派遣してくれます。

受付事務職

  • 受付は、診療所の第一印象を決める大切なポジションです。職員の私語などには注意しましょう。また、会計窓口は患者が最後に立ち寄る場所であり、その日の医院の印象を決定付ける接遇の「総仕上げ」の場です。また、待合の患者さんにも常に見られていることを意識する必要があります。
  • 科目にもよりますが、患者に対しては、常に名前で呼ぶようにし、最後は「お大事に」の一言を添えるよう指導しましょう。

看護師

  • 看護師が患者を診察室に呼び入れる際には、「お待たせしました」、診察室を出る際には、「お大事に」「お疲れ様でした」と必ず声をかけるように指導しましょう。
  • 看護師は、患者に指示をする場合が多くなりますが、丁寧な言葉遣いで支持するのは当然のことながら、診察が終わったら、「何かご不明な点はございませんか?」などと、患者が質問するきっかけを作るのも看護師の役割です。

医師

  • 患者が診察室に入ってきたら、まずは相手に向き合って名前をきちんと呼ぶのが基本と心がけましょう。患者は、医師を身近に感じ、一層信頼感を抱くようになります。
  • 患者への対応は、他の職員の見本となるように、顧客満足を心がけて行います。

お電話でのお問い合わせは下記より TEL 06-7878-8766 夜11時まで電話お問い合わせ受付中!(土日祝、夜間対応可能)

クリニックエステート

ブログ

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は皆様方に大変お世話になりました。 お陰様で、会社として今年も新た …

images (1)

「放射線漏洩検査のお知らせ」の葉書が送られてきた

今年開業支援をさせて頂いて、駅前のショッピングビルで開業された先生からLineで連絡を頂きました。 「放射線漏 …

doctor_xray_rentogen

電気料金削減のご案内【クリニックでんき】

【開院済の先生方へのお知らせ】 医院経営の第一歩は経費節減から・・・ クリニックの毎月の電気代が「8,000円 …

【トクにゃん】クリニックでんき

【医院承継】医院譲渡契約の締結

数カ月前から協議を重ねてきた医院譲渡契約の締結日でした。 移転される先生と、新たに開院したい先生とでうまくマッ …

契約締結BR

宅地建物取引業者免許取得について

この度、宅地建物取引業者の免許証を取得させて頂きました。 これまでも、クリニックの開業物件を探す上で不動産仲介 …

免許
  • facebook
お電話でのお問い合わせは下記より
TEL 06-7878-8766
営業時間:8:30~18:30(土日祝、夜間対応可能)
メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP