<成功する為の【クリニックのコンセプト作成】と【医院開業物件探索】を無料でサポート>大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀の医院開業、全国の医院継承コンサルティング

内装設計

1.設計会社の選び方

設計については、医院設計の実績のある設計会社・施工会社を選ぶのは必須です。

病院のような大きな建物の場合は、設計会社と施工会社は別に考えますが、クリニックの場合は、設計施工を単体で行っている会社が大半で、便利です。
コンセントの位置や数、水周りの配置など、医師が気付かない点も数多くありますので、ノウハウの蓄積がないところは、必ず完成後に色々と不具合が生じます。
また、設計会社には、医療法などの関連法規に精通していることも求められます。
設計会社を探す際には、医療コンサルタントや先に開業した先輩などから情報を集め、話を聞く際には写真や図面で過去の事例を見せてもらい、実際に施設を見学させてもらうのも後々役に立ちます。

2.設計上の留意点

  • 導線 スタッフや患者の動線を効率的かつ動きやすいように配慮する必要があります。患者への配慮を欠いた施設にならないように心がけましょう。
  • 入口 見つけやすいことと、外部より待合室が見えにくくする必要があります。扉も開けやすく、入りやすい設計にしなければなりません。また、下足を履き替えるか履き替えないのか方針を決めましょう。
  • 待合室 落ち着いた感じで、清潔でゆったりとした椅子を置き、立って待たせることのないように補助椅子も用意しておきましょう。患者が待っている間は、医院のPRの絶好の機会なので、診療内容や先生の経歴なども伝える工夫が必要です。
  • 受付 患者のプライバシーを守ることに考慮しつつ、できれば前面オープン化することが望ましいでしょう。また、カウンター付近には、レセコン、プリンター、レジ、電話機、診察券入れなど、置くものが非常に多いので、スペースが手狭にならないように工夫しましょう。
  • トイレ 採尿のことも考慮し、採尿コップを持った患者がうろうろすることの無いように考慮します。また、他の患者から見られない工夫も必要です。清潔である事は当然としても、花などが飾られてあれば、患者はスタッフの人柄を敏感に感じ取るものです。
  • その他 診察室は採光の取れる部分に、採光を必要としない部分にレントゲン室を設けるのが理想です。診察室は広げすぎず、処置室を広めにする必要があります。これは、手当て、点滴、採決など多目的に使用するからです。また収納スペースは多めに確保しましょう。

お電話でのお問い合わせは下記より TEL 06-7878-8766 夜11時まで電話お問い合わせ受付中!(土日祝、夜間対応可能)

クリニックエステート

ブログ

コロナウイルス感染が原因でクリニックを休診した場合

先日、ある先生から質問を受け、保険会社に確認を取りました。 開業の際に、「収入保障保険」に入られることが多いの …

corona

医院閉院のご相談

ここ最近、2件の医院承継のご相談がありました。 なんと、2件とも50歳代のまだまだ頑張れる年代の院長先生で、院 …

P6240043

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は皆様方に大変お世話になりました。 お陰様で、会社として今年も新た …

images (1)

「放射線漏洩検査のお知らせ」の葉書が送られてきた

今年開業支援をさせて頂いて、駅前のショッピングビルで開業された先生からLineで連絡を頂きました。 「放射線漏 …

doctor_xray_rentogen

電気料金削減のご案内【クリニックでんき】

【開院済の先生方へのお知らせ】 医院経営の第一歩は経費節減から・・・ クリニックの毎月の電気代が「8,000円 …

【トクにゃん】クリニックでんき
  • facebook
お電話でのお問い合わせは下記より
TEL 06-7878-8766
営業時間:8:30~18:30(土日祝、夜間対応可能)
メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP